FC2ブログ
白黒フィルム

日々の日常・サークル情報・コスプレ写真取扱注意・擬人化取扱注意


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全力京都旅行☆俺の生き様2日目part1

Category: 日記   Tags: ---
そぉい!!!!(゚∀゚ )「全力京都旅行☆俺の生き様2日行っくよ―――!!!

≪再生≫

気持ちの良い日差しが顔を突く。もう朝だ…アラームがけたたましくなっている。私はそれを
とりあえず投げた。
昨晩は肉の猛攻撃にあい7時間ほど寝たにも関わらず腹は少しも空腹を覚えていなかった
父は隣でいびきをかいている。無理もない、父は京都に来てほとんど休みなく働いているのだ
とりあえずそっと寝かしておいてやろう……うん。


(黒兎 ゚∀゚)「オトン朝やでーーーー!!!!(圧し掛かり)」
(父;○∀○)「あしyhdsぷh;dヴhぢうg!!!!!????」

やんわりと怒られた。なんでそんな起し方するの!!!もっとこう!!!優しく!!!!とのことだ。しかし仕方のないことだ。今日から全力京都観光が始まるのだから。解ってはいると思うがいい歳したオタクは半端ない程興奮していた
とりあえず支度を足早に済ませる。朝の女は時間がかかるのだ。着替え、ケア、メイク、髪。そして日焼け止め
これを目標時間2時間以内で済ませるのだ。残念ながら2時間半かかった。寝ボケてメイクをするとこうなる

メイク中朝食が運ばれてきた。後ろから父の落胆気を含んだ声が聞こえる

(父 ;´∀`)「朝ご飯多いなぁ…こんなにくえないよ…お前食えるか?」
(黒兎  ゚∀゚)「私の腹にはまだ霜降り和牛が生きておるのだオトンよ」

写真は無いがとりあえず朝食も4人分だった。ちなみにメニューは以下の通り
白米。焼き鮭。煮物。茶碗蒸し。湯葉のお浸し。海苔

メイクを終えた。よしこれで外に出れる。付けまつ毛は付けないでおく
朝食開始である。残念ながら一人前しか口に入らなかったがどれもおいしかったとだけ言っておく
やはり飯は母のモノが一番美味い。これに限るのだ。

(父´・ω・)「……………」
(黒兎 ゚H゚)「どうしたん?オトン」
(父´・ω・)「残った分タッパーに入れて持って帰りたい…」
(黒兎 ゚∀゚)「……………」
料理が一切出来ないオトンが単身赴任して少し主夫に近づいたようだ。というか父の口から持って帰りたいの言葉を聞けるなんてちょっと切ない。なんだお前


≪一時停止≫

結局タッパーは無かったから持って帰れなかったよ!!!!
プギャ━━━━9(゜∀゜)━━━━!!
さぁいよいよ散策です行くぜ!!!!!

≪再生≫

行ってきます
いってらっしゃい

旅館を出るとき女将がこうやり取りをしてくれた。なんだか嬉しくなる。
天気は晴れ。絶好の探索日よりである。付けまつ毛装備の私はジーパンにTシャツ、そして運動靴。
万全の散策スタイルである( ゚∀゚)ドヤッ!!!!!
まずは荷物を駅のロッカーに放り込み、荷造りの際靴下を入れ忘れたため靴下を購入。これで素足で運動靴をはくという暴挙から解放される。

さて皆の者
いざ散策の時である!!!!!!!!!

散策1「天龍寺で雲龍図を見よう」
京都写真 編集02

正門の看板です。結構大きな門をくぐると……
京都写真 編集03

綺麗な蓮の花がおはようございますしてました。ごっつ綺麗やった
では雲龍図いってきまぁああああああぁあああす!!!!!!!!!!!!!
DSC_0207-1.jpg

寺内は重要文化財の為写真撮影禁止だったので素晴らしい絵はブログに貼る事はできませんが…うん

うろ覚え
確かこんな感じ【こらぁあああああ!!!!!!お前!!!!お前雲龍図に謝れ!!!!!!】

とにかく壮大で美しい龍が天井一面を泳ぐように舞う。言葉では言い表せられない絵がありました。
↑とりあえずこのうろ覚え雲龍図なんとかしろ!!!!!
うろ覚えを説明すると…入口で靴を脱ぎます。左に進むと2対の如来像があり、その真ん中お金の神様的な像が
で、天井に雲龍図。正面には大きな如来像があり朱を基調とした祭壇らしきものが。うん説明難しいからもっと詳しくって人は見に行ってくれ←丸投げである

いやはや早朝からこんな目に保養になる絵を見ることが出来るとは…さすが京都!!!!いいね!!!!
で、私パンフレットを持って帰ってきたはずなんですが……どこにあるのやらで発見はできませんでした。すみません(゜∀゜)!!!!!発見したらブログに載せますね

散策2天龍寺の庭園を散策
京都写真 編集04

なんだこの大庭園うひょおぉおおおおぉおおおお!!!!!!
とテンションが上がる私。とりあえずギャラリーの方々がなかなかどいて下さらなかったのでモザイク処理を致しました。でも…これだけでも素晴らしい庭園ですよね。ちなみに庭園入口には模様を作った砂があったんですが…よい写真が撮れなかったので…ちなみに本堂の前には池があります

京都写真 編集05

コイ様がわんさか泳いでおりました。黒、赤、金。コイ撮るだけで15枚とか20枚とか
撮り過ぎだって突っ込みがありそうですがカメラワークに腕が鳴りました。はい!!!!

(黒兎 ゚∀゚)「もっと散策するよぉおおおお!!!!!あひゃひゃ
京都旅行 編集08

京都写真 編集06
京都写真 編集07

一枚目「かくれんぼ」
コイの写真です。実はこのコイ庭園の中に隠れるようにして流れてた小さな川?池?物凄い小さな所で小さなコイが泳いでたんですよ。本堂前のコイが川を上ってきたのかな?と父とコイのぼりだね。と話してました

二枚目「捕食者」
ぼかして撮ったものです。後ろの方に蛙の置物が3つ並んでおいてありました。さらに蛙の後ろに如来像が
手を洗う所で日陰に面し、これはいい風景だなとカメラを持った瞬間、目の前にトンボが止まりました
え?撮るしかないだろこんないいシュチュエーション!!!!
という感じで撮ったのかこの産物。実は地べたに寝そべる寸前でした。力入れ過ぎwwwwwwww
ちなみにぼんやり映っている白いものは親父の服です

散策3竹林散策でマイナスイオン
DSC_0213-1.jpg

京都写真 編集09

感想:そんなマイナスイオン無かった
総合的に言えば素晴らしい竹林でした。なんでもよくドラマやら時代劇やらで使われるとのこと
あと風が吹いたときに耳を澄ませば竹と竹が当たって「こーんこーん」と聞こえます
かすかですが(;・∀・)

竹林散策を終わらせてから私たちは山をぐるっと回り渡月橋まで下山した。川はボートを乗る家族やカップルでにぎわい、たまに屋台船が

(父 ゚∀゚)「嵐山楽しかった?」
(黒兎 ゚∀゚)「最高に」
(父 ゚∀゚)「じゃあ……行こうか」

次に向かうは二条駅の父の自宅。そして伏見稲荷大社である!!!

part2に続く!!!!!!

スポンサーサイト

全力京都旅行☆俺の生き様前日1日目☆

Category: 日記   Tags: ---
今晩和皆様。そしてお久しぶりでございます黒兎です。
ブログの更新を怠ってもううんヶ月経ちますが未だに世間は夏真っ盛りです。
私はというと仕事に追われております。社畜もいいところです(笑)
だからね友人よ。9月7日暇?とか言うな。バリバリ平日じゃねーかwwwwww
社会人にねぇ夏休みなんかねぇんだわ畜生(゜∀゜)


友人から「休め」だの「働き過ぎ」だの「無理しちゃだめだよ!!」だの言われ続ける黒兎ですが当方無理は承知でこの仕事をしております。
そいえばつい最近仕事で最悪の内部戦争が勃発し、もう仕事なんかいやだやめてやると意気込んだはいいが同僚を残して辞める程人間を捨てて無いので最近本当に頑張って生きております。
酒でもかっ食らいたい気分ですがダイエットもあるのでゲフンゲフン

と。言うことで今回のブログはですね、生存確認もかねて夏季休暇を半分使い行って参った京都旅行の話をしようかと思います。
あ、サブタイトルは「ボッチでも負けない!!!」です←www
今回はダイジェスト風味で行くぜ!!!!御蔭で書き始めて3時間経った!!!俺アホwwwwwwwww

8月10日夕方
満員電車が揺れる。夕刻というのに外はもう暗かった。明日から夏季休暇という事もありいつもより多めに残業をこなした私の肩には疲れと気だるさが圧し掛かっていた。
私は今年、夏の一代イベントコミックマーケットの参加を仕事で潰され仕事に明け暮れるという夏の始まりを迎えた。やはり肩には疲れの他に苛立ちと少しの怨念も圧し掛かっていたのかもしれない。
駅を降りる。外は蒸し暑く時間は20時に近かった。急いで帰宅する。そう待っているのだ。

荷造りという最大の敵が

帰宅し夕飯をとる気にもなれづに荷造りをする。
明日から京都旅行なのだ。待ちに待った。コミケに行けなかった分京都ではっちゃける。これが私の京都旅行の目的であった。あぁ待っていろ京都…私はもうすぐ足を踏み入れるぞ!!!!( ゚∀゚)フハハハハ

夜10頃―――
我が家に一本の訃報が入る。祖母だ。

(黒兎 ゚∀゚)「もしもし?あ?バーチャン?明日は10時には迎えに行くからね!!!」
(祖母 ゚д゚)「……おじちゃんが亡くなったよ」
(黒兎 ゚∀゚)「……………………hway???????」
(祖母 ゚д゚)「オカンおるかい?かわりんさい」
(黒兎´;ω;)「…………ほんとにしんでしまったん?おじちゃん…なぁばーちゃんほんとn」
(祖母 ゚д゚)「かわりんしゃい」


ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
伯父が亡くなった。もちろん葬儀やらの関係で親族の私たちは京都旅行なんかに行ってる暇はない。よって取りやめになる。仕方のないことだった。そして言わずもがないい歳したオタクの
落ち込み様は半端なかった

(黒兎´・ω・)「オカン荷物仕舞ってしまうん?」
(母 ;´Д`)「残念だけど……あんたも京都には行けんよね」
(黒兎´・ω・)「……うん。私葬式まで当分引きこもっていい?飯もいらん」
(母;´Д`)「何いってんのよアンタは」
(黒兎♯゚Д゚)「仕事だった!!!御蔭でコミケ行けんかった!!でも我慢したわ!!!行きたくなかったわあんな仕事なんか!!!その分旅行で発散させよう思っておったのに!!!!おじさんは悪くないよ!!!でもゴメン!!!今私の頭ん中我慢しなきゃならんこと解ってるのに処理がおっつかんわ!!!!オカン八つ当たりしてごめんね!!!でも許して!!!泣きたいの我慢してるんや!!!

≪一時停止≫

はい。ここまでほぼ実話です。伯父が亡くなったのも実話です。このことは後のブログでやんわりと話すと思いますが…かなり悲しかったです。おお泣きしたんですよ私。
あと、短時間にいろんなことが起こり過ぎて頭の中の処理が追いつかなかったのも事実です
母に鬱憤というか…その言い散らかしたのも事実です。いやぁ…極限状態だったんでしょうね(理由はコミケ絡みです言わずもがなですが)

≪再生≫

泣きはらした。イライラばかり募った。最悪の夏季休暇だと思う。これなら会社で仕事していた方がまだましではないかと思うほど落ちていた矢先に電話が入る。祖母からであった。母がとる。話し込んでいるようだ
だが私にはもう関係が無いことだろう。明日から葬儀の準備やらで動き回らなくてはならないのだから
荷造りでパンパンになったキャリーケースが憎くて仕方なかった

(母 ゚∀゚)「ほれ。ばーちゃんから電話よ」
(黒兎´;ω;)「………なんね?」
(母 ゚∀゚)「よかったね、よう話ききんしゃい」
(黒兎´;ω;)「ばーちゃん?わしじゃ」
(祖母 ゚д゚)「いいかい?ばーちゃんの話よくお聞き。あんたは京都に行きなさい。おじちゃんもそれを望んでるはずだから」
(黒兎 ;゚_゚)「?!」
(祖母゚д゚)「おじちゃんワシらが京都行くの知ってたんよ?ワシらは準備とかで行けないけどあんたは京都行っておじちゃんに直接土産話してやんなさい。いいかい?楽しんで来い」

こんな漫画的な言葉が出てくるとは思わなかった。まさかとは思うがこれは現実だろうか
それから泣きながら私は京都に行ってくる。そしていっぱい思い出作って楽しんでくると祖母に約束をつけて電話を切った。電話を切った後の母は何年振りかに頭をなでてくれた


11日朝
身支度はできている。そしていざ出発である。
一人で乗る電車には慣れているはずだが、今回は気持ち少し寂しく感じられた。
車内。ここで「THE☆家族で京都旅行」計画を「THE☆ボッチで京都旅行」に変更した。これは割とどうでもよい
東京駅に到着した。新幹線乗り場に行く。掲示板を見れば発車にはまだ時間がある。そこで私は考えた
(゜∀゜)弁当買おう

京都写真 編集001

京都に行くのに札幌の海鮮をふんだんに使用した海鮮七福弁当である
新幹線が動き出す。座席に座り本来は母と祖母が座るべき座席にビジネスマンが座っていてなるべく外を見るようにした。弁当は乙な味だった。

≪一時停止≫

弁当超美味かったよぉおおぉおおお!!!
海鮮大好きな人は是非買って喰って下さい。1000円です
まぁ一人新幹線なんか今後もっとありそうですが今回はすげー寂しい新幹線でした。
ずーーーーっとゲームやるか寝るかでしたしwwww
そう言えば新幹線の中で長ったらしいメールの返事を書いて時間潰してた様な気もします。
え?未だに煮え切れてませんがなにか?コミケ行きたかったんだよバーロー(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)

≪再生≫

まどろみ。いかん寝ていたようだ。いったい何時間寝ていたんだ?そう言えば新幹線が止まっているな…どこに着いたんだ?

『京都ー…京都ー…次は新大阪ー』
(黒兎 ゚∀゚)「あhvふぉいvんd;きうfg!!!!!!!????????」

新幹線は行った。私はというと…

ぎりぎりの所で下車出来た。
(黒兎 ゚∀゚)「戦慄だったぜ…睡魔め……私を寝させるとは許さん」

と自然に口から出てそれを小さな女の子にモロ聞かれていて足早にホームを後にする。
そして急いで下車したもんだから弁当のゴミを忘れてきた。ごめん

(゚∀゚ )三京都上陸!!!!三( ゚∀゚)

京都新幹線ホーム改札前。私はある人物を待っていた。そう。父である
私の父は今京都に単身赴任中で今回京都旅行を計画したのも父が京都にいるから丁度いい。と、いう理由である
しかし人でごった返した中右も左もわからない(待ち合わせ場所は電話連絡済みでたどり着けた)
父がどこにいるのかがわからない。と言うことで電話をかける

(黒兎 ゚∀゚)「もしもし?オトン?どこ?」
(父  ゚∀゚)「ここ」

隣にいた

とりあえず腹に一発入れて、父と合流しホテルへ向かう。嵯峨嵐山である。京都から電車一本で行けるとはさすが京都である。下車する。ホテルへの道中こんなものを発見した。

DSC_0221.jpg

駅前だった畜生ーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!

里の早期発見にテンションが上がる私。父は嬉しそうにしていた。そしてホテルという名の旅館に到着

京都写真 編集002

べらぼうにいい庭がついてました。ちなみに中

京都写真 編集01

(黒兎 ;;゚∀゚)「広い…何だコレ広い!!!!」
(父  ゚∀゚)「4人部屋だから広いね。あ。冷蔵庫あるぞ?中は…わぁいビール入ってるぞ今晩飲むぞ!!!」
(黒兎 ゚∀゚)「酒盛り(やけ酒)じゃああああぁあああああうわぁああああい!!!!!」

到着早々はしゃぐ52歳と私。ちなみに私が映ってる写真は全て父が乗り気でシャッターを切ったものです。
とりあえず荷物を置き夕食まで時間があるので嵐山散策をすることに。玄関まで行くとひっそりと女将さんがたっており

(女将^v^)「お出かけです?」
(黒兎 ゚∀゚)「ちょっとぐるっと見てこようかと」
(女将^v^)「夕食ですがいいお肉が入りましたので」

い い お 肉 だ と !?

その言葉を聞き散策中喫茶店に入るのを取りやめにして30分ほど散策をして朝だくで帰宅(笑)
大浴場で長風呂をする。極楽である。そして風呂を済ませると夕食の用意が出来ていた

京都写真 編集003

霜降り和牛のすき焼きキタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)-_-)=゚ω゚)ノ━━━!!!!

テンションあがりまくりである。そしてまさかの4人分の霜降りである。
そして……

(父 ;;゚∀゚)「肉はもったいないから残すなよ?食べちゃおう」

親父。いったい小食の私に何を言っているんでしょうかwwwwwww
とまぁ言いつつも食べてみると口の中で溶ける。肉が。やばい。うまい。
ビールも入る入る。京都旅行初日からおいしいものを腹に詰めた。そんな一日目であった


≪一時停止≫

肉だけは完食致しました(゜∀゜)どやっ!!!!!
嵐山の女将。霜降り和牛御馳走様でした。今度は家族と来るよ!!!!

さて、本日は前日と1日目の京都レポですが…前半シリアスすぎましたかね…でもこれノンフィクションなのであしからず。本当におお泣きしてもうワケワカメ状態で…うん。あれを大爆発っていうんだろうね
あ。後日談ですが今回宿泊した旅館は父の会社(某有名会社)の寮らしく夏は社員のみが予約をとれる旅館として開放するという感じの良い旅館でございました。庭よし飯良し風呂良し。寮と考えると豪華過ぎなほどですね
恐る恐る父に料金を聞いたところ一人3500円

鬼安だった!!!!!んなアホな!!!!

と驚愕せずにはいられない黒兎でございました

明日は2日目を投稿します!!!!では!!!!!

プロフィール

黒兎

Author:黒兎
サークル名:白黒フィルム
活動:創作・擬人化(無機物・ポケモン・モンハン)

趣味:コスプレ・衣装制作・小道具作り・御絵描き・買い物
愛煙:MILD SEVEN 10mm long or soft

Twitter(blackrabtte)
pixiv(黒兎)   にて生息中

 
検索フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。